【グラブル攻略】グランブルーファンタジー 無課金初心者の旅

グランブルーファンタジー(グラブル)を無課金でプレイしながら、初心者向け攻略情報を配信します。攻略の都合上、時々微課金もしますw

ジョブ「侍」は弱い?検証や編成・運用方法

   


イベント「蒼天のえにし」に参加するだけで、取得することができるようになる「侍」。

侍

本来なら、戦士の信念と称号「幻魔を斬り伏せし者」が必要になります。

共闘クエストを行う必要がありますが、「蒼天のえにし」に参加すると、それらが必要なくなります。

なので、「蒼天のえにし」にて取ることをオススメします。

スポンサードリンク

アビリティ

・画竜点睛
ダメージを受けるまで、連続攻撃確率アップ
使用間隔:5ターン

・瞑想(EX)
1ターンの間、自分の攻撃力・クリティカル確率アップ+弱体効果を全て回復
奥義ゲージ30%消費
使用間隔:1ターン

・鴉雀無声(EX)
2ターンの間、自分の防御力を50%アップ
刀:自身に1回幻影効果+2ターンの間、自分の攻撃力が30%ダウン(回復不可)
弓:3ターンの間、自分の攻撃力が60%アップ+5ターンの間、ダブルアタック確率+トリプルアタック確率ダウン(回復不可)+奥義ゲージ30%ダウン
使用間隔:7ターン

サポートアビリティ

・武士道
奥義ゲージが200%に増加

・虚心坦懐
鴉雀無声の効果アップ
上記の「鴉雀無声」はこの虚心坦懐も含めての効果量です。

武士道の検証

武士道により、奥義ゲージが200%までためることができます。

200%までためた状態で奥義を発動すると、奥義が2回発動します。

なので、1人であっても、チェインすることができます。

逆にフルチェインで、他のキャラと合わせて5チェインしても、オーバーチェインを表示されます。

スポンサードリンク

チェイン自体は、4人のときと同じです。

編成・運用方法

基本的には、画竜点睛により連続攻撃確率をあげて、奥義ゲージをためていく戦い方になると思います。

画竜点睛はダメージを受けるまでは、効果が持続しますので、ダメージを受けにくくする効果を持つキャラと相性がいいと思います。

例えば、ペトラの幻影効果やバウタオーダなどの敵対心をあげて、主人公に攻撃をあたりにくくしたりですね。

あるいは、リルルなどの奥義ゲージ上昇量が上げられるキャラもオススメです。

ダブルアタック・トリプルアタックがほぼ出ますので、奥義ゲージ上昇量もあげることで、より奥義ゲージをためることができるようになります。

瞑想は、奥義ゲージさえたまっていれば、いつでも発動可能です。

弱体効果の回復もあるので、それ目的で使ってもいいと思いますし、奥義ゲージを130%ためて、攻撃とクリティカル確率をあげて、奥義を発動するのもいいと思います。

鴉雀無声に関しては、弓を装備していると画竜点睛と相性が悪いので、刀を装備して発動するのがオススメです。

刀ですと幻影効果がつくので、画竜点睛とも相性がいいです。

基本的にどの属性でも使えると思いますが、武器がネックになります。

刀が手に入りにくいので、そういった意味では制約がかかってきそうです。

お伝えしたキャラの詳しい情報はこちら。

・ペトラ

・バウタオーダ

・リルル

スポンサードリンク

 - ジョブ